カテゴリ:日常( 42 )

看護師さん

b0368268_17340799.jpg


診察日がきて病院に行きました。
今回は造影CTの検査です。

今日の看護師さん、とてもやさしい声。

それに、ちょっとした、なにげない言葉があたたくて......。
それがまた、ここぞのちょうどよいタイミング。

うれしくなりました。

検査って不安で心細いものです。
なんてありがたいのだろうとしみじみ......。


b0368268_17344141.jpg


あすは秋分の日ですね。
季節の変わり目、お体気をつけてお過ごしください。(^^)




[PR]
by yu-ni | 2017-09-22 16:36 | 日常

まいた種

b0368268_07350507.jpg



住宅街のいつも通る道の脇に、
ニラの生えているところがあります。

毎年そこに、白の小さなニラの花がいっせいに咲きます。

あるとき通りかかると、花はもうおしまいで、
かわりに黒い小さなタネをたくさんつけていて、
そのタネのいくつかはすでに弾けていました。

思いついて、まだ少しだけ残っていたタネをもらって帰り、
まいてみることにしました。



b0368268_08252147.jpg


家の裏口の一角にパラパラパラ・・・。

どんなふうに生えてくるか、楽しみにしていましたが、
そのうちすっかり忘れていました。

そうして気がついたら、ほっそりしたニラの葉が
顔を出していたのです。

そこから咲いたニラの花、
思いがけずきれいで嬉しい気持ちになりました。

   *   

それから、自分がまいた種ですから、
こんどは刈り取らなくてはと思います。(笑)

ギョウザ、レバニラ、ニラ玉。。。



[PR]
by yu-ni | 2017-09-13 13:19 | 日常

置き忘れて

「あれっ?ない......」

目的地に着いて車から出ようとしたら、
娘がカバンがないというのです。

中には、財布、カメラ、iPhone...大切なものばかり。
あわてました。

「落ち着いて、よーく思い返してみて......」

どうやら、さっき寄ったお店のトイレに忘れてきたようです。(;´д`) 

すでに30分以上すぎています。
盗難に遭っているのではないかと、気が気ではありません。

娘は落ち込んでいます。


b0368268_07413426.jpg


「どうかありますように...」

祈りつつ、今きた道をすぐに引き返しました。

お店の電話番号を検索してる間に駐車場に到着。
あせりにあせって走った娘。

そして、カバンあったのです。

「ああ、よかったー!」思わず叫んでしまいました。

うっかりぼんやりの置き忘れ。
気をつけなくてはいけないなぁと、あらためてしみじみ思いました。






[PR]
by yu-ni | 2017-09-06 07:24 | 日常

うれしくなったこと。

猛暑の峠をこえて、
いまやっとほっとひと息ついています。


b0368268_07241359.jpg


このあいだ、スーパーの外に設置されているATM機の
長い列に並びました。

午後のきつい日差しが地面を照らしています。
じっと立っているだけで汗が流れてきます。

・・・やっと私の順番です。
私の前に並んでいたのは年配の女の人。

その女の人が出てくるのを少し後ろで待っていたら、
その人はガラスの扉を開けた手を離さないで「どうぞ」と。

待ちくたびれて少しイライラしてしていた私の気持ちが、
ふっと溶けてしまいました。

心づかいって大切だなぁと思いました。




[PR]
by yu-ni | 2017-08-31 07:32 | 日常

さすってもらって

蒸し暑いうえに、なかなかゆっくりできず、
いっこう元気がでません。

髪の毛の手入れさえもおっくうでしたが、
予約していた日がきたので、
とりあえず美容室に行ってきました。

鏡の前に座ると、なんだか疲れ顔。

今回は夏バージョンで、少し短くカットしてもらうことに。

ハサミが入って頭がすっきりしてくるにつれ、
不思議と気持ちもだんだん軽やかになってきます。

気分転換って大事...としみじみ。。



b0368268_07343901.jpg



最後のブローしてもらう前に、
なじみの女性スタッフさんが背中や肩をさすってくれました。

手のひらの力加減もちょうどよく、
血流がよくなりじんわり体がほぐれていく感じ。。

痛いところに手を当てると、
なんとなく痛みが和らぐような気がしますが、
人の手のぬくもりはほんとに心地よく癒しだなぁと
あらためて思ったことでした。

終わって鏡の自分を見たら、さっぱり顔。
とても元気になりました。(^.^)



[PR]
by yu-ni | 2017-07-26 09:45 | 日常

空と蚊と。

梅雨入りしてから、
ずっとずっと不安定なお天気が続いていました。

どんより重かった空も、昨日からは青色。
ジリジリ照りつけるような夏の日ざしです。

思いっきり外に干して、カラッと乾く洗濯物。
なんてありがたいのでしょう...としみじみ。

暑いのはかないませんが、
今は雨のジメジメから解放されたことが嬉しくて174.png 

なにか気分も変わり、日ざしに感謝したい気持ちです。



b0368268_10265384.jpg



ついこの間、テレビ番組でみた質問です。

蚊に刺されやすい服装は、「白い服」「黒い服」、どっち?   
答えは「黒い服」。

私は夏に庭仕事するとき、日よけ・虫よけのために、
黒いアームカバーをつけます。

すると、そのアームカバーの上からも蚊に刺されて、
さんざんだったことがあります。

テレビの実験をみていたら、
黒のカバーをつけた腕にはすかさずまとわりついた蚊も、
白のカバーをつけた腕には見向きもしませんでした。

ああ、どうりで...私はわざわざ蚊をおびき寄せてたんだ💦
そう思ったことでした。

参考までに、蚊に刺されやすい服の色は、
黒>青>赤>緑>黄>白だそうです。


[PR]
by yu-ni | 2017-07-14 08:36 | 日常

七夕の日に

昔の梅雨は、しとしと降り続く雨のイメージ。

いまは、「これまでに経験したことがないような大雨」
という言葉を頻繁に聞くようになった気がします。

このあいだ天気予報をみていたら、
気象予報士さんが「積乱雲の発生は予測できても、
線状降水帯の予測をすることは今の技術では難しい...」と、
なにかそんなふうなことをおっしゃっていました。

ちょっと不安な気持ちになりました。

大きな災害をもたらすようになった梅雨。
やっぱり地球温暖化が影響しているのでしょうか。

もしそうなら、もっと自然を守って行かなくちゃと。
ふと、そう感じたことでした。



b0368268_09103147.jpg


窓の外は灰色の空。
じめじめと蒸して息苦しいこと。

七夕ですね。 
今夜は天の川は望めそうにありません。

もうこれ以上は雨になりませんように。
降水帯の帯ではなく、夜空に光の帯をと願います。


[PR]
by yu-ni | 2017-07-07 14:27 | 日常

結果がすべて...

b0368268_14241033.jpg


今季不振で降格圏に沈んだままのサンフレッチェ広島。

「プロは結果が全ての世界」と、
責任を取って森保一監督が辞任されたそうです。

5年間で3度のJリーグ制覇にチームを導いた監督。

主力選手の移籍やケガなどで、
苦しい展開が続いたのでしょうか。

そこは勝負の世界なのですね。
改めて、厳しいなぁとしみじみ感じました。


b0368268_14242754.jpg


でも、人生は結果が全てじゃないと思う...。

まだまだこれから!がんばって!

ほぼ同年代なので、監督の新たな歩みと活躍を信じて、
応援してあげたい思いでいっぱいになります。


[PR]
by yu-ni | 2017-07-05 08:46 | 日常

とっさの行動と別れ

車で信号待ちをしていたときのことです。

ぼんやり前をみていると、
反対車線の車道の端を誰か歩いています。

よくみると、白い杖を持った女の人でした。

車道と歩道の間の段差、
街路樹や植え込み、ガードレールもあって、
ひとりでは歩道に戻れそうにありません。

わりあい大きな通りで、
車はスピードを出して走っていきます。

あぶないっ!と思ったそのとき、
一台のバイクがとまりました。

若い男の人でした。
その人はバイクを乗り捨てて、かけもどってきました。

そして、白い杖を持った女の人に声をかけ、
そっと手をとり、ゆっくりと二人で歩道に上がりました。

心の中で大きな拍手を送りました。
あたたかいその姿がいまでも目に残っています。



b0368268_13271048.jpg



小林麻央さんの訃報を先ほど知りました。

涙をこらえることができませんでした。

病名は違っていても、
同じガン患者として見守っていました。

妻として、母として、娘として、そして人として、
もっともっと生きていたかったと思います。

素敵な笑顔と大きな愛の力を持っていた麻央さん。

ちょっと言葉がみつかりません。

いろんな別れをいくつも知ること、
それも生きているということなのかもしれません。

どうか安らかにお眠りください。


[PR]
by yu-ni | 2017-06-23 16:29 | 日常

シアワセ

明け方、目が覚めてふと時計を見ると、
4時44分ということが時々あります。

そんなときは、なにか本当に不吉な感じがして、
ため息をつきます。

入院している時には、
しばらくくよくよと思い悩んだものです。

いつだったか、そのことをお話しすると、
「四が重なってシアワセ(四合わせ)ね」と
教えてくれた方がいました。

なんだか気持ちがぱあーっと明るくなりました。



b0368268_16170936.jpg


今朝も4時44分。

一瞬、気持ちが下がりましたが、
ああ、シアワセな日が始まると思えばいいんだなぁと、
寝ぼけた頭でぼんやり思った朝でした。


[PR]
by yu-ni | 2017-06-19 08:35 | 日常